軟骨の再生にいいサプリは?どんな成分が関節のクッションを作る?

軟骨 サプリ

軟骨は関節でクッションの役目をはたし、体をスムーズに滑らかに動かせるようにしています。しかし、激しい運動や偏った姿勢などで無理な力がかかると減ってしまいます。年齢を重ね、軟骨の材料や生み出す力が少なくなっても減ってしまいます。軟骨が減ると、関節をスムーズに動かせなくなり痛みも伴います。どんな成分が関節のクッション、軟骨を再生してくれるのでしょうか?

 

おすすめは軟骨の主成分である、プロテオグリカンU型コラーゲンです。プロテオグリカンは経口摂取すると、いまあるプロテオグリカンの生成を促進します。U型コラーゲンは軟骨の新陳代謝を活発に。プロテオグリカンのもととなるグルコサミンにも注目。さらに軟骨を再生する力をUPするiHAという成分も見逃せません。当サイトでは、これらの軟骨再生成分をしっかり配合したサプリをご紹介。コンドロイチンでは効果がないという方、必見です。

 

北国の恵みの特徴

プロテオグリカン配合のサプリメントです。軟骨の主成分であるプロテオグリカンとU型コラーゲンは、北海道沿岸で捕獲した鮭軟骨由来のものを配合。成分がそのまま届く非変性タイプを使用しています。利用者の91%が満足しているのがその実力。1袋90粒入りで約1ヶ月分。ネット限定、10日分モニター価格480円(税込)です。

価格 480円
評価 評価5
備考 プロテオグリカン・U型コラーゲン配合

 

タマゴサミンの特徴

話題のiHA(アイハ)を配合したサプリメントです。iHAは卵由来の軟骨を生みだす力をUPさせてくれる成分です。軟骨の材料と生みだす力が一緒になって初めて軟骨の再生が可能に。実験でも生みだす力がUPしている結果が出ています。iHA50rのほか、グルコサミン&U型コラーゲンを配合。1袋90粒入りで約1ヶ月分です。定期購入なら初回限定54%OFFの1,847円(税込)で始められます。コンドロイチンでは実感できなかった方におすすめです。

価格 3,899円
評価 評価4
備考 iHA50r・グルコサミン配合

 

皇潤極の特徴

U型コラーゲンが軟骨を再生して関節の動きを柔軟にしてくれます。実験でもU型コラーゲンを摂ると膝の可動域が改善する結果が出ています。年齢と共に減っていくコラーゲンを手軽に摂ることができるサプリメントです。鶏の胸部軟骨由来のUC-Uと呼ばれる、非変性U型コラーゲンを配合。潤いに欠かせないヒアルロン酸、グルコサミンもしっかり配合されています。1箱100粒入りで約2週間分。初めての方限定特別価格は3,900円(税込)です。

価格 3,900円
評価 評価3
備考 非変性U型コラーゲン配合

 

軟骨が減る原因は?

 

私たち人間の膝は、体重を支えながら歩行をしたり走ったりするために頑張っています。それだけに膝が痛くなってしまうと日常生活に支障が出てしまう場合もあります。膝が痛くなるのは原因があります。代表的な3つの原因を挙げてみます。

 

「血流が悪い」
一つ目の原因は、血行不良によるものです。これは膝が痛くなる原因の中でも特に多いものと言えます。筋肉疲労や運動不足、またはストレスによっても生じます。血流が悪くなることで起こる膝の痛みは、血流を改善してあげれば良くなります。それにはストレッチや軽い運動が良いとされています。ウォーキングなどが良いでしょう。激しい運動は膝に負担をかけてしまいますので、適度な運動で予防していきましょう。

 

「姿勢が悪い」
2つめの原因は、姿勢の悪さです。普段の歩き方の癖などが積もり積もって膝に負担をかけている場合があります。重心のかたより具合や筋肉の減少によって膝に痛みが出てしまうのです。また同じ姿勢を長い時間続けていても痛みが出てきます。これも血行が悪くなっていることが原因と言えます。ですから長時間同じ姿勢は避けた方が良いでしょう。

 

「年齢によるもの」
3つ目の原因としては、加齢に伴うものです。年齢とともに少しずつ軟骨が擦り減ってしまうのです。筋力も加齢とともに減ってしまうので、膝に派負担が大きくかかってきます。ですから普段から適度な運動をして膝の筋肉を落とさないようにすると予防になります。

 

軟骨再生にグルコサミン&コンドロイチン

 

運動が好きで日頃からトレーニングに励んでいる人は膝に大きな負担が掛かっています。体を鍛えて筋肉を付けることも大切なのですが、関節にも気を配ってあげてください。軟骨や関節のダメージを回復させるには、必要な栄養を摂取すると良いでしょう。軟骨の成分であるグルコサミンとコンドロイチンについてご紹介していきます。

 

「グルコサミン」
軟骨やじん帯などを作る材料となる成分です。年齢とともに体の中で作る量が減っていきます。また運動のし過ぎで関節に負担が掛かるとたくさん使われるので不足したりもします。グルコサミンが豊富な食べ物はエビやカニです。殻のキチン質に豊富に含まれています。どんな食材にも含まれるというわけではないので、これを食べ物から摂取するのは、難しそうですね。グルコサミンは、関節炎や変形性関節症にも有効とされています。

 

「コンドロイチン」
コンドロイチンもCMなどでよく耳にする言葉ですね。軟骨の成分であり、関節の潤滑油として活躍する成分です。体内で作れる量は加齢と共に減少していきます。そのためこれを補うためのサプリがたくさん売られています。うたい文句は「関節の痛みで悩んでいる方に」といったようなもので、グルコサミンと一緒に配合されている場合が多いようです。山芋や海藻類に少量含まれています。これも食べ物から摂取するのは難しそうです。

 

食べ物から摂取するのが難しいのでサプリを利用する人も多いですが、いろいろな会社からいろいろな商品が販売されていて迷いますね。怪しいものもあるので、よく吟味して決めましょう。

 

軟骨再生にコラーゲン

 

年を取ると関節痛に悩まされる人が増えてきます。関節にはコラーゲンが良いそうですよ。コラーゲンというと、よくお肌のアンチエイジングに使われたりしますね。サプリもいろいろ売られていますが、実は関節痛にも効果的なのです。今回は関節痛とコラーゲンの関係についてお話していきましょう。

 

まずコラーゲンというのはどのようなものなのかを説明します。たんぱく質の一種であり、細胞同士をつなぐ働きがあります。コラーゲンがあるから、細胞が分裂や増殖を繰り返すことが出来るのです。ですからコラーゲンが足りなくなると細胞分裂がゆっくりになってしまいます。それは臓器などの老化につながります。化粧水にコラーゲンが含まれていることが多いのは、細胞分裂を活発にさせようとするためです。コラーゲンは牛筋や魚のあらなどに含まれています。ゼリーに使うゼラチンもコラーゲンが豊富です。

 

次に関節痛について説明します。関節は骨と骨をつなぐ役目をしています。そしてその関節が衝撃によって擦り減らないように、軟骨というものが守っています。クッションのような役目があるのです。軟骨は少しずつ擦り減っていきます。そしてそのたびに再生します。ですがその再生能力は少しずつダウンしていきます。擦り減り方の方が激しくなり、再生が追い付かなくなってしまうのです。するとだんだんと骨同士がぶつかるようになってしまい、痛みが出てくるというわけです。

 

コラーゲンを摂取することで、軟骨の再生能力が高まります。サプリなどを利用すると良いでしょう。

 

軟骨を減らさない予防法

 

年をとるとだんだん関節に痛みが出るようになってきます。特に膝が痛いと生活に支障が出てしまいます。最近の若者は正しい歩き方が出来ない人が多いようで、ますます膝痛の患者は増えるのではないかと言われています。どうして膝痛が起こるのかについてお話していきます。

 

膝の関節が痛くなってしまうのは、軟骨への衝撃が原因です。骨と骨の間にある軟骨は、衝撃から守ってくれるクッションのような役割があります。ですが年をとるにつれて軟骨へのストレスが増して痛みが出てしまうのです。肥満やO脚X脚、筋力の低下など、様々な原因が積み重なっています。筋肉の減少が主な原因とされています。

 

このような膝痛を放置してしまうと大変なことになります。変形性膝関節症になると、階段を下りるときに痛みがあったり、立ち上がる時に痛かったりします。これは軟骨が擦り減ることによって起こる痛みなのです。男性よりも筋肉量の少ない女性に多いという特徴があります。どんどん痛みが増していき、やがて関節が変形してしまうことにもなります。痛くないうちから予防対策をとりましょう。

 

予防する方法としては、正しい歩き方をするのが一番です。正しい姿勢で歩くことで大殿筋と内転筋が使われます。これは膝痛の予防に効果のある筋肉なのです。歩くときはきちんと膝を伸ばして歩きましょう。そしてかかとから着地するようにしましょう。背筋もしゃんと伸ばします。普段から適度な運動をすることが大切です。

 

軟骨と膝蓋軟骨軟化症の関係

 

膝には膝蓋骨という骨があります。その裏側にある軟骨がおかしくなる、膝蓋軟骨軟化症という病気があります。これはどのような症状が見られるものなのか、お話していきます。

 

症状た見られる年代は、比較的若い10〜20代の女性です。膝蓋骨は膝の前の部分を守っている骨です。大きく丸い「お皿」とも呼ばれている骨がそうです。その裏側にある、軟骨が異常を起こすものを膝蓋軟骨軟化症と呼んでいます。組織が柔らかくなってしまうのです。スポーツをよくする女性に見られることが多いようです。片膝がほとんどです。

 

これの原因となっているのは、膝の屈伸運動です。ランニングやジャンプなどにより膝が酷使されますと、膝蓋骨の軟骨が擦り減ります。関節軟骨の中では、膝蓋骨はとても厚いです。そのせいで摩擦の影響も大きく受けやすくなっています。膝蓋骨亜脱臼がある場合にも二次的に引き起こされたりします。

 

膝蓋骨亜脱臼になると、膝が痛くなり力が入らなくなってきます。女性ホルモンで関節が緩む10〜20代の女性に多いのは、そのせいです。男性は筋肉が多いので、筋肉によって支えられているため起こりにくいと考えられています。

 

膝蓋軟骨軟化症になると、まずはひざの骨が引っかかる感じがしてきます。痛くはないけど違和感があるような状態です。押すと痛かったりきしむ音がしたりもします。異常を感じたら運動を控えましょう。安静にしていることが大切です。しゃがんだり膝をつく動きはやめましょう。階段は気をつけて、膝を曲げないで上るようにしなくてはいけません。